ビーグレン 美白 ケア…ハイドロキノンについての注意点

ビーグレン の 美白化粧品、『美白クリーム』には
『お肌のの漂白剤』と言われている”ハイドロキノン”が配合されています。

ハイドロキノンは、イチゴ類や麦芽、コーヒー、紅茶など
天然にも存在する成分なんだそうですよ^^
日本でも最近ではメジャーになってきてはいるんですが、
アメリカではなんと20年以上も前から
“シミ”や”そばかす”の改善に最も有効な成分として
一般的に使用されている美白成分なんです♪

ハイドロキノンはその効果が強い分、配合率が高すぎると、
若干刺激もあるってことから、
日本では、医師の管理下でのみ使用が許されていた成分でした。

でも、最近の規制緩和により、メーカーの責任で
“ハイドロキノン”を化粧品に配合できるようになったので、
最近はこの成分が注目されるようになってきたのだそうです。

ハイドロキノンは、美白効果が非常に高い成分で、
配合濃度が5%以上になってしまうと
刺激が強くなる可能性があると言われていますので、注意したいとこと。


アメリカでは、化粧品に配合できる濃度は2%以下と決まっているようなので、
ビーグレンの美白化粧品に配合されている濃度には心配ないですね^^

注意が必要なのは、
ハイドロキノン配合の軟膏やクリームなどの中には、
刺激を抑える目的でなんと“ステロイド”が配合されている場合もあるようなんです。

ステロイドは長期に使用するすると、
免疫が弱くなるなどの副作用の可能性がありますよね。。。
(ビーグレン製品にはステロイドは一切使用してないので安心して下さいね^^)
なので、成分はしっかりチェックしましょう!
日本ではないように私は個人的に思っているのですが。。。

そして、ハイドロキノンは紫外線に弱いのです!
日中の使用は控えて紫外線の影響がない夜だけの使用をオススメ!
もし、日中に使用する場合は、必ずUVクリームをたっぷり使用しましょう。

せっかくシミをなくすために、
ハイドロキノン配合の化粧品を使用しているのに、
紫外線ダメージを受けやすい環境をつくっていたのでは
意味がないですよね~^^;

もう一つ注意したいのは、
妊娠中の方は使用を避けましょう!これは守った方が良さそうなので、
しっかり頭に入れておいてくださいね。

ステロイドは長期に使用するすると、
免疫が弱くなるなどの副作用の可能性がありますよね。。。
(ビーグレン製品にはステロイドは一切使用してないので安心して下さいね^^)
なので、成分はしっかりチェックしましょう!
日本ではないように私は個人的に思っているのですが。。。

そして、ハイドロキノンは紫外線に弱いのです!
日中の使用は控えて紫外線の影響がない夜だけの使用をオススメ!
もし、日中に使用する場合は、必ずUVクリームをたっぷり使用しましょう。

せっかくシミをなくすために、
ハイドロキノン配合の化粧品を使用しているのに、
紫外線ダメージを受けやすい環境をつくっていたのでは
意味がないですよね~^^;

もう一つ注意したいのは、
妊娠中の方は使用を避けましょう!これは守った方が良さそうなので、
しっかり頭に入れておいてくださいね。

※ビーグレンの美白クリームは新しくなりました!(2010年9月新発売)
新・ホワイトクリームex の詳細を見る

ビーグレン 肌の悩み別解決法
  • 大人ニキビ
  • シミ・くすみ・美白
  • 小顔・たるみ
  • しわ・アンチエイジング
  • 毛穴の開き・黒ずみ
  • 痩身・セルライト

コメントを残す

コメント認証 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

このページの先頭へ