ビーグレン 天然クレイ洗顔料は合成界面活性剤不使用!

b.glen ( ビーグレン )の天然クレイシリーズのクレンジングクリーム(洗顔料)には
合成界面活性剤が使用されていません♪
ビーグレン クレンジングクリーム
(※↑写真の洗顔料はパッケージが古いバージョンです^^;)
通常、クレンジングにしても洗顔料にしても
洗浄剤としての”合成界面活性剤”が使われているものです。

最近のファンデは化粧崩れがしないように、
落ちにくくなっているので、化粧をキレイに落とすには
強力なクレンジング、つまり洗浄力の強い”合成界面活性剤”を
使うしかないのが現状なんだそうです。

でで、b.glen ( ビーグレン )の考えは、
『問題は合成界面活性剤そのものではなく、
 合成界面活性剤で洗い過ぎてしまうことによって、肌を守ってくれる
 バリアの役割をしている皮脂まですべて取り去ってしまうこと!』

だと言ってます。

この『洗い過ぎてしまう』ことで、
多くの人が乾燥肌、敏感肌になってしまっているのだそうです。


でも、だからと言って、優しさだけを求めると、
化粧や汚れ、毛穴につまった酸化した皮脂、
汚れや顔料が角栓、黒ずみ、ひいてはニキビの原因になるものまで、
落としきれないということにも…。

なので肌のバリアを壊さずに、毛穴につまった汚れなど不要なものは
キレイに洗い流しくれる洗顔料が
理想ですよね。。。

その問題をしっかり解決してくれるのが、
ビーグレンのクレンジングクリーム(洗顔料)の成分、
“天然クレイ・モンモリロナイト”なんだそうです^^

天然クレイのモンモリロナイトって何?

天然クレイの洗顔料は合成界面活性剤に頼らないのです!!

合成界面活性剤は、脂を溶かして汚れを落とす仕組みなんだけど、
天然クレイは、マイナスに帯電しているので、
プラスに帯電している汚れ
(酸化した皮脂、過剰に分泌した皮脂、毛穴に残ったファンデーション、
ニキビの原因になる細菌までほとんどがプラスに帯電している)
磁石のようにピタっと吸着させ、閉じ込めて汚れを取り去る仕組みなのです♪

毛穴の汚れを吸着して閉じ込めたナノサイズのクレイは、
今度は酸素を求めて肌の表面に上がってきてくれるんです^^
まるでミクロの掃除機のようなんです!スゴイですよね♪

なので天然クレイで洗顔した肌は、
合成界面活性剤で汚れを落とした肌とは違い、
肌の大事な自然のローションでもある大切な皮脂を取り去らないので、
しっとり滑らかな洗い上がりになるのだそうです^^

※実際に私はビーグレンの天然クレイ・クレンジングクリームを
 使いだしてから、肌の乾燥がまったくなくなりました!
 母も姉も乾燥肌なので、遺伝だから仕方ないとばかりに思っていた
 乾燥肌ですが、今では洗顔でツッパることなんて全くない状態です^^

そして天然クレイは
昔から傷、やけどの治癒に使われてきたんだそうです!
なので、乾燥で傷ついたお肌の水分バランスを調整して
肌のコンディションを整えてくれる
すっごく不思議なチカラも持っているんだそうです。

乾燥肌や、敏感肌を改善するには、
まずは肌のバリアを傷つけない洗顔に変えること!

天然クレイの汚れを取り去る原理は自然のチカラ!!
ただ不思議な力~神秘~な話だけではなく、
長い歴史の中で科学的にもしっかり証明されていることなので、
利用しないのはもったいないですよね^^

そんな想いから作られた
b.glen ( ビーグレン )天然クレイ・クレンジングクリームで、
元気な肌が再生できちゃう環境つくりを始めてみてください♪

天然クレイで、ニキビと毛穴の黒ずみの解消もできちゃうのです^^

ビーグレン 肌の悩み別解決法
  • 大人ニキビ
  • シミ・くすみ・美白
  • 小顔・たるみ
  • しわ・アンチエイジング
  • 毛穴の開き・黒ずみ
  • 痩身・セルライト

コメントを残す

コメント認証 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

このページの先頭へ