紫外線 の種類 UVAとUVBについて…

紫外線対策 がTVや雑誌などでも特集が組まれる季節になりました(≧▽≦)
(※この記事を書いているのは5月末です)
紫外線 は老化の原因の80%も占めると言われている、
私たち女性にとって、すっごくやっかいな存在ですよね…。

紫外線と言えば、『紫外線=シミ→なかなか消えない→老ける』
というイメージだけはしっかり頭に植え付けられていているんだけど、
だけど、意外と知らないのが” 紫外線 “そのもののこと。

紫外線を知って、紫外線対策に役立てよう!ってことで、
ここでは、紫外線の種類のことをご紹介したいと思います。


●紫外線とは?種類は?
紫外線とは地球上に降り注ぐ太陽光線の一種(電磁波)のことです。
紫外線はその降り注ぐ波長の長さによって種類があるんです。

【紫外線の種類】
UVA(紫外線A波)=長波長紫外線
UVB(紫外線B波)=中波長紫外線
UVC(紫外線C波)=大気に阻まれてほとんど地上に届くことはない紫外線。

●注意するのはUVAとUVB!
UVA→肌の表皮にとどまらず、真皮にまで到達する紫外線。
      肌を酸化させ、ジワジワと老化を早めたり、
      肌をヒリヒリさせ、赤くする紫外線。
      冬でも降り注ぐ紫外線なので、1年中対策が必要!

UVB→肌の表皮に降り注ぎ、メラサイトが反応する紫外線です。
      メラサイトはUVBをキャッチすると、有害と判断をし、
      細胞を守るために”メラニン”つくりだします。
      これがシミの元になるんです!
      真夏の陽射しに多く含まれている紫外線。

●日焼け止め(UVクリームなど)のSPFとPAについて
日焼け止め製品には必ず、SPFとPAの表示がされていますよね?
あれは、UVAから守ってくれるのがPAで、UVBから守ってくれるのがSPFに
なっています。

PA(Protection grade of UVA)数値とは…
   →皮膚のくすみ、シミに関する紫外線(UVA)から肌を守る目安のこと。
     紫外線に当たって、肌の色が黒くなるまでの時間を
     どれくらい伸ばせるかを示した値とも言えます。

     UVAを浴びることで肌は黒くなります。
     数時間で肌が黒くなるのに必要な紫外線量(UVA量)の最小量を
     日焼け止めを塗った皮膚と、何もしていない素肌とを比べその比率を
     PFA(protection factor of UVA)で現して、
     ・PFA2~4未満PA+(効果がある)
     ・PFA4~8未満PA++(効果がかなりある)
     ・PFA8以上PA+++(効果が非常にある)
     と表示されているんだそうです。

     意外と曖昧?^^;のような気がしてビックリしましたが、
     これを知っておくと、冬にはPAを重視すれば良いんだな…とかが
     分かって良いですよね^^

SPF(Sun Protection Factor)数値とは…
    →日焼けや発ガン、老化に関する紫外線(UVB)から
      肌をまもる強さのこと。

      UVケアをせずに何もしない状態で紫外線に当たり、
      赤くなるまでに分数XSPF値=日に焼けない分数
      が表わせます。
      〔例〕20分で日に焼ける人の場合で、SPF値30を使用した場合。
         20分X30(SPF)=600分(=10時間)
      こんな風に数値化して表示してあるですねぇ。

      ※2000年よりSPF50以上のものは全て『SPF50+』
       表記されるようになってます。

      あくまで目安なので、やっぱり曖昧に感じますが、
      最低限これぐらいは必要かな?などの目安にはなるので、
      参考にしたいです^^

ビーグレン 肌の悩み別解決法
  • 大人ニキビ
  • シミ・くすみ・美白
  • 小顔・たるみ
  • しわ・アンチエイジング
  • 毛穴の開き・黒ずみ
  • 痩身・セルライト

コメントを残す

コメント認証 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

このページの先頭へ